« 着物のお直し例 その9 紬の直しと染め替え | トップページ | 東京手描き友禅 »

2012年10月 4日 (木)

着物のお直し例 その10 羽織の直し

最近「着物通」の方でないと好んで羽織を着なくなってしまったのか、タンスに眠っている羽織のご相談をうけることが増えました。私は個人的には羽織は好きなのですが、帯も着物も見えて羽織紐もいろいろなタイプのものが作られていますし、とてもおしゃれですよね。でもほとんどのお客様は羽織より道行か道中着のコートにしたいというご希望です。羽織からコートに直す場合は羽織の衿が生地巾で仕立ててあれば問題なく直せます。半巾の場合は別生地を衿の裏などに使わないと出来ません。派手な羽織は染め替えてからコートにすると長くお召しになれますよ。ただお客様はよく勘違いをして身頃の返りの生地が長いので身丈が出せると思いますが、実際は衿の長さが関係するので思ったよりも長くはできません。昔の羽織丈は短く80センチ前後が普通ですが今の流行は長めで95センチから105センチ位になりますのでご希望の丈が出るか仕立て直す前に専門家に確認してください。また裄も昔の生地ですとせいぜい1尺7寸~1尺7寸5分(約64.5~66.5センチ)しか出せません。着物の裄が1尺7寸前後の人なら問題ないですが1尺8寸(約68センチ)以上ですと非常に着にくくなってしまいます。その場合は思い切って袖なしの陣羽織にしてはいかがですか。昔の羽織の別の使い道として名古屋帯にリフォームするという方法もございます。紬や小紋などに合わせる、とてもおしゃれな帯に生まれ変わります。写真は総絞りの羽織を名古屋帯にリフォームしました。とても素敵でしょ?  絞りの染め帯を新品で購入したら15万円以上しますよ。只今キャンペーン中で22,000円で名古屋帯にリフォームできます。詳しくはこちらをご覧くださいね。http://www.someshokunin.com/

 

Cimg2755


Cimg2848

« 着物のお直し例 その9 紬の直しと染め替え | トップページ | 東京手描き友禅 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 着物のお直し例 その10 羽織の直し:

« 着物のお直し例 その9 紬の直しと染め替え | トップページ | 東京手描き友禅 »

最近の写真

  • Cimg3712
  • Cimg5765
  • Cimg5827
  • Dscn3533
  • Yuzen1
  • Cimg2951
  • 3saioiwaigi2
  • Dscn2790
  • Cimg6945
  • Cimg6947
  • Dscn1657
  • Saishikinaoshi-005