« 着物のお直し例 その14 胴裏のかび | トップページ | 着物のお直し例 その16 振袖直し 変色シミ、色やけ、カビの場合 »

2012年12月31日 (月)

着物のお直し例 その15 染め帯の染め替え

今回は塩瀬で代表される染め名古屋帯の染め替えについて書きます。塩瀬羽二重の生地に手描き友禅で描かれた染め帯は紬や小紋には欠かせないおしゃれな名古屋帯です。今回ご依頼頂いたお客様は初めて自分のお小遣いで買った思い出の品なので染め替えてこれからも大事にしたいというご希望でした。よく見ると薄いクリームの地色には使い込んだ汚れと芯からでたカビのシミが多数ありました。また蝶の柄の朱色も年齢に合わなくなってしまいました。お客様と相談した結果、柄をのり伏せしてそのまま残し地色を黒に染め、朱色やピンクの蝶の柄色を年齢に合わせて地味にしました。染め替えることにより20年前の帯も新しく生まれ変わりました。また帯の総丈も接ぎを入れて長くしてお仕立て直しました。詳しくはこちらのホームページをご覧下さい。http://www.someshokunin.com/

 

Somekaeobichou1


Somekaeobichou2





« 着物のお直し例 その14 胴裏のかび | トップページ | 着物のお直し例 その16 振袖直し 変色シミ、色やけ、カビの場合 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 着物のお直し例 その15 染め帯の染め替え:

« 着物のお直し例 その14 胴裏のかび | トップページ | 着物のお直し例 その16 振袖直し 変色シミ、色やけ、カビの場合 »

最近の写真

  • Cimg3712
  • Cimg5765
  • Cimg5827
  • Dscn3533
  • Yuzen1
  • Cimg2951
  • 3saioiwaigi2
  • Dscn2790
  • Cimg6945
  • Cimg6947
  • Dscn1657
  • Saishikinaoshi-005