« 着物お直し例 その24 古いシミのお直し | トップページ | 着物お直し例 その26 派手になった刺繍の柄色を地味にする »

2014年3月27日 (木)

着物お直し例 その25 派手になった紬の染め替え

Tumugisomekae11 Tumugisomekae12 Tumugisomekae13 Tumugisomekae14 Tumugisomekae19 Tumugisomekae20

紬は色を掛けることで柄色を地味にすることが出来ます。また白い紬は変色したシミが増えたら色を掛けることでまた着れるようになります。

 

先日若いころに好きで着ていた紬の着物がタンスの奥から出てきたので50代のお客様にあう色に染め替えられないかとご相談を受けました。若い頃は着物が好きでよくお召しになっていたそうです。50歳を過ぎて子供さんたちもそれぞれ独立されたのをきっかけに、もう一度着物を着てみたいと思われたそうです。臙脂の濃い麻の葉柄の紬の着物でしたので薄い色を掛けたのでは地色の派手さは抑えられず、また麻の葉の柄も大きいので地色と柄を両方落ち着かせるために思い切って濃いこげ茶色を掛けました。柄はだいぶ抑えられ目立たなくなり地色も落ち着いた無地風の紬に生まれ変わりました。このように派手になった紬の着物は色を掛けることで色や柄を年齢に合った渋い色に染め替えられます。詳しくはこちらのホームページをご覧ください。http://www.someshokunin.com/

 

 

 

Tumugiirokake7_2


Tumugiirokake8_2




 

 

« 着物お直し例 その24 古いシミのお直し | トップページ | 着物お直し例 その26 派手になった刺繍の柄色を地味にする »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 着物お直し例 その25 派手になった紬の染め替え:

« 着物お直し例 その24 古いシミのお直し | トップページ | 着物お直し例 その26 派手になった刺繍の柄色を地味にする »

最近の写真

  • Cimg3712
  • Cimg5765
  • Cimg5827
  • Dscn3533
  • Yuzen1
  • Cimg2951
  • 3saioiwaigi2
  • Dscn2790
  • Cimg6945
  • Cimg6947
  • Dscn1657
  • Saishikinaoshi-005